ストレスが前頭葉を萎縮させる原因に

ストレスが前頭葉を萎縮させる原因に

前頭葉は社会生活において非常に重要な脳の部位ながら、その社会において受けるストレスによって前頭葉が大きく萎縮しうるという説は多くの研究結果によって裏付けられており、間違いなくこのような傾向が見られると考えられています。脳の他でもない前頭葉が萎縮していくのです。

 

ストレスがどのように前頭葉を萎縮させるかはまだ完全に解明されたわけではありません。ただし前頭葉を選択的に萎縮させることはMRIなどによってはっきり確認されているため再現性が高い現象と考えられています。前頭葉は社会性を司っており、自分を制限するために存在しています。

 

その制限の基準とは道徳であったり、社会通念であったり、そして経験則であったりするわけです。人はストレスを感じるとそれを避けようと考えるため、ストレスが発生した状況を前頭葉の自分の行動や考えを制限する基準に加え入れ、次からは前頭葉がその行為を制限しようとします。

 

つまりストレスを受けると前頭葉がフィードバックを受けるのです。常時ストレス環境下におかれると、この前頭葉へのフィードバックが過剰になり萎縮を招いているのではないかという仮説は立てられています。

 

また前頭葉に限りませんが、ストレスを受けたときの体の反応として血管の収縮が起こりますので、この反応が日常的に起こっており脳血流を低下させていることによる影響は少なからずあると考えられます。

 

前頭葉を萎縮させないためにも活性化に役立つ栄養を補給してあげることが大切です。